So-net無料ブログ作成

パニック障害告白!! 安西ひろこを気遣うナイナイ岡村 [芸能]

安西yjimage.jpgタレント・安西ひろこが1日に放送された日本テレビ系
「解決ナイナイアンサー」に出演し、
10年以上にわたり苦しんできたパニック障害について、
壮絶な闘病生活を赤裸々に語った。

現在は薬も服用しておらず体調も万全とのことで、
「これから私、復帰します」と笑顔で芸能界復帰宣言も飛び出した。


image岡村.jpg

番組でMCを務めるナインティナイン岡村隆史は、

2010年7月から4ヶ月半にわたり、

体調不良で休養した経験がある。

だからなのか、
「よう分かるわ。オレも人目につくから、夜、散歩とかしてたもん
療養中の1日 長いよな。何したらええんやろって・・地獄の日々やったもん」
と安西に寄り添うように語りかけ、
「あとで、(収録)大丈夫かなあ、とか思うでしょ、全然思わなくていいから」と気遣っていた。

安西は1996年に芸能界デビューし、ギャルのカリスマとして圧倒的な支持を受けていたが、
2001年、ドラマ撮影現場で倒れ、救急車で搬送され、そのまま突如芸能界から消えた。
パニック障害との診断を下され、療養を余儀なくされた彼女は、
仕事から離れて、何をしていいのか分からなかったという

番組の密着取材で明かされた闘病生活は壮絶なものだった。

そんな彼女を母親が懸命に支えた
その母親もかつてパニック障害を患っていた。
当時は今ほどパニック障害が認知されておらず、「ズボラ病」とまで言われ、
かなり辛い日々を過ごしていたという。
だからこそ、娘を助けたいという思いは強かったのだろう。

幻覚幻聴に苦しみながらも
2003年、安西は母親の手を借りてようやく少しだけ外に出られるようになり、
電車に乗る練習などを経て、2008年にモデルとして復帰。

2009年春には芸能界復帰宣言をしたが、
自分のキャパが分からず無理をしすぎて症状が再び悪化
芸能活動を休止していた。

青春時代を病と闘うことで過ごしてきた安西ひろこ(35歳)

これからは、自分の時間を自分で刻みながら、輝いていくのでしょうね☆

変わらない笑顔で、多くの人を幸せにしながら

彼女自身も大きな幸せを掴んで欲しいです(#^.^#)


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。