So-net無料ブログ作成
検索選択

野々村竜太郎兵庫県議 号泣会見 何だあれ?? [政治]

yjimage野々村.jpg

兵庫県議野々村竜太郎議員日帰り出張を1年間に195回実施したとして、
「政務活動費」から約300万円を支出していたことが問題になっています。

会見に臨んだ野々村議員は説明中に号泣し「うそ偽りはない」と主張していますが、
結局、事の真相は良く分からずじまいでした。

よくもまあ、県議を務める人が人目もはばからず、
あれだけの醜態をさらせるものだと呆れますが・・・


問題となった「政務活動費」
これは議員報酬とは別に、地方議員の政策立案活動を支援するために認められている経費で、
自治体によってその額は異なるそうです。
兵庫県の場合は月額50万円が支給されることになっています。

この「政務活動費」もともとは「政務調査費」という名目でしたが、
2012年の地方自治法の改正により、
純粋な調査費から活動費という形になり、資金使途が拡大されました。

その範囲は自治体によって異なるものの、
具体的には、調査研究費・研修費会議費広報広聴費資料作成費などが主な項目で、
事務所事務人件費という項目もあることから
解釈次第ではあらゆる業務の対して支出可能になっています。

要するに、「政務活動費」は政策立案を支援するための費用ではあるものの、
現実には議員報酬の延長として理解されている面もあるということです。

野々村議員が追求されているのはこの点で、出張した形にして経費を受け取り、
一般的な費用に使った(横領?)の疑いがもたれているからです。

それに対する会見に臨んでの号泣
説明内容は的を得ず、泣き叫ぶばかりの醜態
最後に「あなたにはわからないでしょ」って
自分が一番事の論点分かってないんじゃないの??

そして兵庫議会は今回の彼の行動には問題はないと、何のお咎めも無さそうな雰囲気(+o+)


政治家は何かとお金が必要だとは聞きますが、何にせよ使っているお金はすべて税金ですから。

国民の立場からすれば、何にどう使ったかは明確に説明して欲ところですし、

議員には説明義務があるはずですよね。

泣いて叫んで「なんだあれ??」な会見で終わりにして良いものでしょうかね・・・


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。