So-net無料ブログ作成
検索選択

ASUKA被告保釈 その時CHAGEは [芸能]

yjimageチャゲアス.jpg覚せい剤取締法違反(所持・使用)罪などで起訴された
歌手のASUKA(本名・宮崎重明)被告(56)が、
逮捕から48日目の3日、保釈され、同日午後4時50分過ぎに
勾留先の警視庁東京湾岸署を出た。
黒いスーツネクタイ姿で、髪の毛がやや乱れていたものの、
しっかりとした足取りで、
待ち構えた報道陣に深々と頭を下げて
無言のまま車に乗り込んだ。

捜査関係者によると、ASUKA被告は警視庁と東京地検の調べに対して起訴事実を認め
入手先についても「北海道の暴力団関係者など複数のルートから覚せい剤を買っていた」
と供述しており、初犯であることなども考慮して保釈が認められたとみられる。
保釈金は700万円即日納付された。

迎えの車で湾岸署を離れると、都内のホテルに入り、追跡する報道陣をかわして
千葉県内の病院に入院した。

その後書面で、「私は2度と同じ過ちをしないと決意しています。」とお詫びの言葉を発表。
「これまで私の音楽を聞いて下さったファンの皆様、関係者の皆様に、
今回の件でご迷惑とご心配をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。」
とコメントした。

8月28日東京地裁で行われる初公判に向け
「決意を更に強くしていくために、私は裁判まで医師の指導を受けます。
そして自分に向き合いたいと思います。」と表明した。


そんなASUKA被告に対してCHAGEは この日コメントを出すことはなかったが、
関係者によると、いつか再び2人で活動できる日が来るよう
陰ながら相棒の更生を支えていく気持ちでいるという。

CHAGEはASUKA被告の逮捕後も、実施中だったファンクラブイベントを継続。
6月13日の東京・マウントレーニアホール渋谷まで21公演を完走した。

公演中各地のファンはこぞって
「待っててあげて」「2人の姿を見たい」と声援を送り
チャゲアス復活を待望する声は日を追って増える一方だったという。
そんなファンの熱意が2人の切れかけた絆をつないだのだろうか。

関係者は「覚せい剤から手を切るには、家族が不可欠。
我々のような仕事上の付き合いでは力になれない。
そんな中、CHAGEは仕事を超えた家族的存在として、
寄り添っていくつもりだ」
と秘めた思いを代弁する。

周囲もまた、支えようとする気持ちは同じ。
所属事務所は先月27日、ASUKA被告との専属契約解除を発表したが、
保釈に際しヘアメークとスーツを手配見捨ててはいないという意志が示された。
チャゲアスの元所属レコード会社関係者
「時間はかかるかもしれないが、2人の作品をまた出してあげたい」と話している。

ASUKA被告が沢山の温かい支えを裏切ることなく更生を果たした時こそ、

チャゲアスが再び歩く出す瞬間になるのでしょう。

一ファンとしては、その時が来るのを楽しみに待っていたいと思います。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。