So-net無料ブログ作成

野々村竜太郎兵庫県議 号泣会見 何だあれ?? [政治]

yjimage野々村.jpg

兵庫県議野々村竜太郎議員が日帰り出張を1年間に195回実施したとして、
「政務活動費」から約300万円を支出していたことが問題になっています。

会見に臨んだ野々村議員は説明中に号泣し「うそ偽りはない」と主張していますが、
結局、事の真相は良く分からずじまいでした。

よくもまあ、県議を務める人が人目もはばからず、
あれだけの醜態をさらせるものだと呆れますが・・・


問題となった「政務活動費」
これは議員報酬とは別に、地方議員の政策立案活動を支援するために認められている経費で、
自治体によってその額は異なるそうです。
兵庫県の場合は月額50万円が支給されることになっています。

この「政務活動費」もともとは「政務調査費」という名目でしたが、
2012年の地方自治法の改正により、
純粋な調査費から活動費という形になり、資金使途が拡大されました。

その範囲は自治体によって異なるものの、
具体的には、調査研究費・研修費会議費広報広聴費資料作成費などが主な項目で、
事務所費事務費人件費という項目もあることから
解釈次第ではあらゆる業務の対して支出可能になっています。

要するに、「政務活動費」は政策立案を支援するための費用ではあるものの、
現実には議員報酬の延長として理解されている面もあるということです。

野々村議員が追求されているのはこの点で、出張した形にして経費を受け取り、
一般的な費用に使った(横領?)の疑いがもたれているからです。

それに対する会見に臨んでの号泣
説明内容は的を得ず、泣き叫ぶばかりの醜態
最後に「あなたにはわからないでしょ」って
自分が一番事の論点分かってないんじゃないの??

そして兵庫議会は今回の彼の行動には問題はないと、何のお咎めも無さそうな雰囲気(+o+)


政治家は何かとお金が必要だとは聞きますが、何にせよ使っているお金はすべて税金ですから。

国民の立場からすれば、何にどう使ったかは明確に説明して欲ところですし、

議員には説明義務があるはずですよね。

泣いて叫んで「なんだあれ??」な会見で終わりにして良いものでしょうかね・・・

都議会ヤジ騒動に見る 日本の女性差別 [政治]

想定外に世間が騒いだからか?

自民党 石破茂幹事長
「発言者は名乗り出て謝罪すべきだ」と言われたからか?

自民党 野田聖子政務会長
「安倍首相の成長戦略を否定しかねない発言だ」と批判されたからか?

海外から
「このような性的差別が女性の社会進出を阻む一因」とバッシングされたからか?

いずれにしても、当初は「議会としては発言者を特定しない」としていた
都議会自民党の吉原修幹事長が23日、記者会見で謝罪し、

これまた当初は発言を否定していた鈴木章浩都議
「早く結婚すればいい」とやじを飛ばしたことを認め、
塩村文夏議員に直接謝罪しました。

18日の都議会で起こった「セクハラやじ」騒動は、
鈴木都議が自民党会派を離脱し、
吉原幹事長が頭を下げ、
幕引きをはかろうとしているようにも見えます。

今日にも安倍首相が女性の活躍を推進する内容の法案を提出するとあって、
バタバタと動いた感じですね。


騒動から5日も経ってからの謝罪・釈明

それぞれの記者会見を見ても、「議員は辞めず、再発防止に努める」とか
「2020年に東京五輪がある中で、反省すべき問題。
女性差別はどこの場所でもすべきではない」とか
適当なつじつま合わせで、何とか切り抜けようといった感じがありあり・・・

本当に、塩村議員に対する性差別的発言に対して
謝罪の意があるのか疑わしいように思われます。


鈴木議員は
「塩村議員を誹謗中傷するつもりはなく、少子・高齢化の中、早く結婚して頂きたいと思って・・・」
などと言っていますが、それつまり、
塩村議員の質疑内容に対してではなく個人に対するやじということになりませんか・・・?

根底には、「女性は結婚して子供を産んで家庭を守るべき」
という固定観念があればこその発言のような気がします。
つい口を衝いて出てしまった台詞なら尚更の事、本心でしょう。

思想は個人の自由だし、表現も個人の自由ですが、
やはりTPOと自分の立場、情報拡散の威力を弁えるべきでしょう。


一女性都議の訴えを軽んじず、
最初からもっと真摯に向き合うべきだったのではないでしょうか?

「政治」はまだまだ男の世界、男性の価値観が強く働いているんだなと思わせる一連の顛末。

海外から見れば、「政治は」が「日本は」になるかも・・・・

塩村文夏東京都議への「セクハラやじ」は日本の恥 [政治]

日本の首都東京

2度目のオリンピック開催地としてその「おもてなし」が期待される大都市

その東京都の政りごとを治める東京都議会の議員ともなれば、
その言動・行動は常に注目されるし、
今の世の中、情報は瞬く間に世界を駆け巡る

そういった立場や現状の認識があまりにも欠けていないだろうか?


東京都議会の本会議で18日、
女性の子育て支援についての一般質問を行っていた女性都議に対し、
男性都議から「自分が早く結婚したらいい」「産めないのか」などの性差別的なやじが飛んだ。

女性の社会進出を推進している安倍晋三首相の率いる
与党・自民党の議席周辺からのやじだったとのことで
党派を超えての非難が広がる中、菅義偉官房長官は20日
「議会で自浄作用を果たしてほしい」と述べた。

日本を代表する都市の代表ともいえる都議会議員

その言動・行動は「日本代表」と捉えられてもおかしくない


質問中にやじを飛ばされたのは、みんなの党の塩村文夏都議

出産や育児をする女性への支援策をめぐる質問の中で、
不妊治療を検討中の女性に対する支援を呼びかけた時

「早く結婚した方がいいんじゃないか」

「子どもは産めないのか」

などのやじが飛ばされ、同調して声を上げたり笑ったりした議員もいたとのこと。

塩村都議は19日、記者団に対し、
「政策と全く関係のないやじはするべきではない」
「人格を否定するようなやじは、誹謗中傷だ。質問に立つ議員を尊重してほしい」などと訴えた。
また、20日には発言した議員の特定について
名乗り出てもらった方がすっきりすると思うし、私自身も少し心の傷が癒える」と述べた。

さらに、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルのインタビューに対し塩村都議は、
「やじが飛んだ瞬間頭の中が真っ白になった」と話し、
旧態依然とした露骨な侮辱で、小学生でも間違っていると分かる」と述べている。

塩村都議の言っていることは至極もっともで、
やじを飛ばした本人が名乗り出るべきだという意見には大賛成だ。

調べればいずれ判明することだし、後になればなるほど出辛くもなるだろう。

自分のしたことの責任は潔く取るべきだし、何か言い分があるのなら言えばいい

日本は先進国の中で女性の就労率が最も低い国の1つ。
多くのエコノミストが、働く女性を増やす必要があるという点で同意している。

だが、育児施設やキャリア支援の不足、凝り固まった男女差別が、
女性の社会進出を阻んでいると批判されている。


日本代表都市東京の都議会での顛末うやむやにすべきではないと思う

記事引用(c)AFP/Kyoko HASEGAWA/Hiroshi HIYAMA

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。